DOCTOR 医師紹介

医療法人尽心会 百武整形外科病院 副院長
整形外科医
光井康博MITSUI YASUHIRO
専門分野
肩関節、肘関節、スポーツ医学
出身大学・経歴
久留米大学
経歴・資格・免許等
【経歴】
  • 2001年3月

    久留米大学医学部医学科卒業
  • 2001年4月

    久留米大学整形外科教室入局
  • 2002年9月

    県立柳川病院
  • 2004年4月

    久留米大学病院
  • 2005年4月

    二日市済生会病院
  • 2007年10月

    第21回高岸直人賞(日本肩関節学会)受賞
  • 2008年11月

    久留米大学大学院医学博士課程終了(学位取得)
  • 2008年9月

    永田整形外科病院
  • 2010年4月

    久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター
  • 2014年4月

    慶友整形外科病院スポーツ医学センター(国内留学)
  • 2015年4月

    久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター
  • 2018年4月

    百武整形外科・スポーツクリニック

【資格】
  • 日本整形外科専門医
  • 日本整形外科指導医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 福岡ソフトバンクホークス メディカルアドバイザー(2020年~)
  • 久留米大学整形外科学講座 講師
  • 医学博士
  • 光井康博
  • 光井康博
一般の方からトップアスリートまで
患者様のニーズに合わせた治療法の提案を。
こんにちは。私は肩・肘関節疾患を中心に一般の方からトップアスリートまで幅広く診療を行っております。代表的な疾患として、投球障害肩、肩関節脱臼、腱板断裂、五十肩、野球肘(リトルリーグ肘、離断性骨軟骨炎、内側側副靱帯損傷、遊離体など)、テニス肘、変形性肘関節症、肘部管症候群などが挙げられます。これらに対して投薬やリハビリテーションに加え、超音波診断装置(エコー)を用いた注射、体外衝撃波や多血小板血漿(PRP)療法など、患者さんそれぞれのニーズに合わせた治療法の提案が可能です。もし、症状が改善しない場合には手術療法(主に関節鏡)を行っております。
  • 光井康博
  • 光井康博
社会復帰やスポーツ復帰はおまかせ下さい。
最適な治療法を皆様に提供出来るように日々知識と技術を研鑽し、社会復帰やスポーツ復帰をしっかりとサポート致します。どうぞお気軽にご相談下さい。