DOCTOR医師紹介

医療法人尽心会 理事長
百武整形外科・スポーツクリニック院長
整形外科医
百武康介HYAKUTAKE KOUSUKE
専門分野
一般整形外科、スポーツ整形外科
出身大学・経歴
久留米大学医学部
これまでの経歴・資格・免許等
  • 日本整形外科認定専門医
  • 日本整形外科学会認定指導医
  • 日本整形外科認定スポーツ医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本整形外科認定リウマチ医
  • 日本医師会認定産業医
  • TPH健康増進測定研修終了医
  • 日本体育協会スポーツドクター
  • サガン鳥栖チームドクター
  • 百武康介
  • 百武康介
先代から引き継ぐ思い。
生まれも育ちも佐賀県出身です。整形外科医で診療所を営んでいた父親の姿を見て育ちました。私の幼少時には、「整形外科の専門医」は少なく、父は一人で様々な手術を行っており、大変な苦労もあったようです。父は、よく苦労した話もしていましたが、それ以上に得る治った患者の喜びを、自分のことのように喜んで話していました。私は、当初は医療の道に進むことは考えていませんでしたが、高校時代に将来の進路を決める段階になって父親から医療の道を勧められ、医師になることを決意しました。医学部を卒業後は、様々な病院で数多くの経験を積み、家業に戻りました。
佐賀の地では、「神手仏心」の精神で、日々研鑽を積み、地域医療への貢献を目指して「整形外科医」として活動してきました。
そして現在は、多くの優秀な医師たち、コメディカルたちに恵まれ、彼らと協力をして、スポーツ医学を中心に子供たちが怪我なく将来を迎えられるようにと願いながらチーム医療を実践しています。
  • 百武康介
  • 百武康介
手術は通過点。そこからのリハビリが重要。
当院のドクターは、佐賀県鳥栖市をホームタウンとするプロサッカークラブ「サガン鳥栖」のチームドクターを務めています。また、プロ野球チーム「ソフトバンクホークス」のメディカルコンサルティングも行っています。そして地域では、多くのクラブチーム、大学・高校のクラブチームなどなど、コメディカルとともに多くの選手たちにスポーツ医学を通して関わり、活動しています。
私たちの活動方針は、病院の経営方針にもありますように、スポーツに関わる全ての人々の、特に子供たちの未来を明るくすることです。
長く選手のサポートを手掛けてきて、休むべき時にはきちっと休ませる、無理をさせないということの重要性を痛感しています。選手はやはり練習や試合に出たいもの。しかし怪我を押して取り組めば、選手生命を縮めることにもなりかねません。選手には未来がありますから、怪我をしたら無理をしない。そうしたことをしっかりと理解してもらえるように、私たちの経験や知識を活かして伝えていければと思っています。
百武康介