平成29年度 百武整形外科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 7 158 43 34 45 44 93 126 108 20
退院者数が昨年と比べると全体で28%増えています。
10代は足・膝・肘・肩の関節のスポーツ障害が7割です
20代、30代も膝・足関節の疾患が7割です
40代は特にこれが多いという疾患はなく様々です
50代は膝関節の疾患が4割です
60代は変形性膝関節症3割、肩腱板断裂・橈骨骨折が1.5割
70代も変形性膝関節症が一番多く、肩腱板断裂・橈骨骨とともに60と同じような割合です
80代は下肢の骨折が4割、上肢の骨折と脊椎の圧迫骨折が2割となっています
90代は大腿骨骨折が5割、脊椎の圧迫骨折5割です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 97 21.9 10.63 1.0 41.8
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 80 14.4 11.41 0 38.0
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 40 35.6 28.50 2.5 70.5
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 37 21.4 27.09 51.4 868
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病_なし 34 9.3 5.21 0 55.0
四肢筋腱損傷の患者数の内訳は足関節の靱帯損傷等が65%で平均在院日数は9.2日、平均年齢27.3歳で肩腱板断裂が35%で平均在院日数44.9日、平均年齢44.9歳となっており、足関節の靱帯損傷の方が全国の平均在院日数より短くて年齢層も若い人が多いです。
肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)の患者数の内訳は膝の外傷が89%で内、半月板が60%で肘の外傷は11%です。年齢の内訳は10代が40%を占めていて、その他の年齢は一律で平均在院日数は全国と比べると3日程多いです。
膝関節症(変形性を含む。)は、すべてが変形性膝関節症で70代が50%を占め60代が30%です。
股関節大腿近位骨折では患者数は大腿骨頚部骨折と大腿骨転子部骨折が半々です。年齢は70代4人、80代24人、90代8人、100代1人となっております。
平均在院日数は全国と比べると少し短いですが、転院率が高いのは、紹介により入院手術して紹介元へ転院する人や内科疾患により転院する人が多いためです。
前腕の骨折 手術ありでは91%が橈骨遠位端骨折で60歳以上が70%となっており、平均在院日数は全国と比べると4日ほど長いです。
疾患によって年齢層が決まってきており、若い人はスポーツによる外傷が多く、年齢が高くなると転倒による骨折が多く見られます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K074-23 関節鏡下靱帯断裂縫合術 (指(手、足)その他の靱帯) 64 1.0 7.0 0 27.8
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 45 2.2 9.2 4.4 46.0
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 37 1.3 42.9 2.7 66.6
K461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 33 2.9 18.7 39.3 82.0
K0542 骨切り術(下腿) 33 2.1 31.8 3.0 68.6
関節鏡下靱帯断裂縫合術(その他の靱帯)は、ほとんどが足関節で前年と同様で10代が55%、20代が17%でスポーツによる受傷です。
骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)の割合は、前腕56%、下腿22%、手舟状骨が22%で前腕は72%が60歳以上です。
関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの)は、60歳以上が84%を占めており、術後の入院期間も他の手術と比べ長いです。
骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)の割合は、大腿81%、上腕19%で、大腿の平均年齢は86.7歳と高齢者がほとんどです。
骨切り術(下腿)の疾患名はすべて変形性膝関節症で年齢も50歳以上で加齢によるものが全てです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
更新履歴