平成27年度 百武整形外科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 91 20 37 39 55 67 100 96 25
10代は膝・足の関節障害(スポーツ障害)が多く、年々増加しています。
20,30、40代は、膝の関節障害が多く
50,60代は変形性膝関節症・肩腱板断裂が多く見られます。
70代は膝・肩関節の疾患、前腕・大腿・脊椎の骨折がほとんどです
80代は前腕・大腿・脊椎の骨折が6割となっており、転倒によるものが大半です。
90代は大腿骨の骨折が4割です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 57 26.74 22.19 0% 42.9
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 51 14.29 11.98 0% 40.4
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 26 24.81 28.70 30% 83.4
四肢筋腱損傷の患者数の内訳は肩腱板断裂(28人)と足関節靱帯損傷(29人)で、平均在位日数については肩が44日、足が10日で、平均年齢は肩が61歳、足が25歳となっております。
肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む)患者数の内訳は半月板断裂(35人)と膝の前十字靱帯(16人)で、平均在位日数については半月板が12日、前十字靱帯が20日で、平均年齢は半月板が47歳、前十字靭帯が25歳となっております。
股関節大腿近位骨折は大腿骨頚部・転子部骨折で80歳以上が85%で、転院率につては高齢者の患者さんが多いので内科疾患による転院がほとんどです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
該当患者さんがいません
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 - - -
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
該当患者さんがいません
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
該当患者さんがいません
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 33 3.2 14.1 0% 59.4
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 29 3.6 11.3 31% 80.3
K074-23 関節鏡下靱帯断裂縫合術(その他の靱帯) 27 1 8.2 0% 24.9
骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)の患者数の内訳は前腕(25人)75%で高齢者が多い、手舟状骨(4人)、下腿(4人)
骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)の患者数の内訳は大腿(21人)、上腕(8人)で、平均年齢は大腿(84歳)、上腕(71歳)と高年齢者が多く転倒による受傷が多い。
関節鏡下靱帯断裂縫合術(その他の靱帯)は、すべて足関節の靭帯で10代が63%多くでスポーツ障害がほとんどです。術前・術後の日数も短いです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
更新履歴