入院リハビリ

在宅復帰支援チーム  

入院リハビリテーションとは

入院後早期や手術後早期から、患者様の回復段階に応じた可能な範囲のリハビリテーションを、医師の指示のもと行っていきます。 また検査・測定を行い、的確に患者様のニーズを捉え、そのニーズにあったリハビリテーションを提供することで、患者様の早期回復・早期復帰を目指します。

患者様の入院から退院後までの生活に沿って

在宅復帰支援チーム

当院では、患者様に寄り添い元の生活に戻すために行うための訓練環境を整えております。患者様のペースに合わせて、ベッドサイドのリハビリから家屋調査まで同行し、患者様の生活範囲に合わせてリハビリテーションの治療計画を行います。

医師・看護師との連携による治療計画強化

入院生活リハビリ連携

当院では、患者様のADL(日常生活動作)を把握するために、医師とのコミュニケーション、看護師と一緒に回診を行ったりしながら、患者様の訓練時間外の入院生活環境を踏まえて治療計画を行っております。日常生活動作とは、日常生活を営む上で、普通におこなっている行為、行動のことであり、訓練が終わった後も当たり前の生活に戻れるように尽力しております。

入院生活リハビリ連携

入院も生活の一つであるため、入院生活に密接している看護師との連携を重要視しております。患者様の生活を”元に戻す”ために、患者様の生活に沿うことで、患者様の”できること”を”していること”まで復帰することが私どもの使命です。

J-STUDIOスタッフ紹介リンク画像